Suhr® JST PT-212 2×12 – キャビネットIR

DYNAX キャビネットIR は、1000時間以上にも及ぶ収録と検証テストに没頭
「鳴らす人を感動させたい」
ただそれだけの為に

 

トッププロのために生まれたブランド

プロ御用達ブランドSuhrギターのサウンドを キャビネットIR として

キャビネットIR としてのSuhr PT 212

Suhrギターの設立者John Suhrはニュージャージー州に住んでいた高校生の頃、近所に住んでいたアーチトップギターの最高峰としての呼び名の高いBenedettoのルシアーであるロバート・ベネディット氏に師事しギター作りを学びます。それがJohn Suhrのギタールシアーとしての始まりです。

その後大学卒業後にニューヨークの有名ギターショップであるRudy’s Music Shopでリペアマンとしての活動を始めます。その後ジョンの高い技術が認められRudy’s Music Shopのオリジナルブランドであるギター「ペンササー」製作を行うようになりました。ペンササーのギターは現在においても評価が高く、後のSuhrブランドのギターの原点でもあります。

90年の初め、活動の拠点を西海岸ロス・アンジェルスに移しCustom Audio ElectronicsのBob Bradshowと共にアンプの設計・製作を手がけることとなります。C.A.E在籍時にジョンが手がけた3+や3+SEプリアンプは西海岸のトップスタジオミュージシャンが愛用し世界中のギターリストが愛用するプリアンプとなりました。またアンプヘッドとしてリリースしたOD-100は当初はC.A.Eで製造を行っていましたが、現在はSuhrブランドの一環として製造を行なっています。

その後Fender Custom Shopに移籍、シニア・マスタービルダーとして就任します。西海岸の世界トップのギターリストをクライアントに抱えることとなりました。97年にはFenderでCNCマシンのエンジニアとして働くスティーブ・スミスと共にFenderを退社。John Suhr自身のブランドとなるSuhr Guitarを設立します。当初よりCNCマシンを導入し上質な木材を正確に作り込むSuhr Guitarはそのプレイアビリティーと優れたトーンが認められ多数のバックオーダーを抱えるトップブランドとなります。

その後エフェクターペダルやOD−100を設計したJohn Suhrによる新たなギターアンプ、レコーディングツール等積極的な製品開発と製造を続けておりサウンドに拘るギタリストにとって最良の選択肢と言えるブランドとなっています。

Suhrギターを愛用するギタリストは数多くいますが、その中でもSuhrからシグネイチャーアンプをリリースするギタリスト「Pete Thorn」のシグネイチャーアンプキャビネットのPT212のサンプリングに成功しました。一般的な2発キャビネットに比べて大きさを持たせた設計となっており、2発キャビ特有のローエンドの特性と高音域の広がりの優れたキャビネットに仕上がっています。

>> DYANXの記事で紹介している ギターキャビネット一覧はこちら

>> DYANX IR TOPページへ

>> DYANX IR 販売一覧はこちら

このページのTOPへ