ABOUT DYNAX

DYNAは「力」

Xは「eXperience = 経験」

レコーディングエンジニア、スタジオの特注機材の製作やモディファイ、スタジオ全体のマネージメントなどを行い、常に良い音を探究し培った技術と経験を生かし、これまで多くのミュージシャンのテクニカルエンジニアを行なってきた「エンジニアYSK」
ギタリスト・コンポーザー・アレンジャーとしてレコード会社や制作会社との現場経験の豊富な「ギタリストTERU」
それらが併せ持つ「力と経験(エクスペリエンス)」から生み出されるハイエンドプロダクト

それが DYNAXのプロダクト。

DYNAX


デバイスの力を最大限に引き出す

エフェクターをはじめ コントロールシステムなどギタリストをサポートする機材は様々な物があります。ですがそれが本当に「製品としての性能」が100%引き出されているのだろうか? という着眼点からDYNAXの製品作りは始まります。音を扱う回路には、全て「電力」が必要になります。例えばDC9Vという電圧に縛られた一般的に普及されている「エフェクター」1つを取ってみても、そのエフェクター構成している電子デバイスが本来持っている100%の能力を発揮していないと我々は考えます。
如何に構成するパーツの持ちえる「最大限の力を引き出せるか?」そこに多くのエンジニアリングで培った経験と技術が集約され、DYNAXの製品は生み出されています。

プロの現場で必要とされる品質

ライブステージやレコーディングスタジオワークなどプロの現場というのは過酷な環境が殆どです。長時間駆動や照明・他機材の外来ノイズ等、運搬などにおける故障や不具合など、サウンドと機材動作の弊害になる事が多々あります。
DYNAXの製品は、プロの現場経験の下「耐久性と対ノイズ性能」に注力した製品設計をしています。それは、筐体の制作のみならず、エフェクトボードの構築やレコーディングスタジオのアウトボードの制作やカスタマイズなど多岐に渡り「プロの要望を受け」実現し、現在でも使い続けられている。そのエンジニアリングの経験をDYNAXの製品に生かす事で「必要とされるプロダクトの開発」が実現しています。


温故知新の考えの下に生み出される

最古の増幅素子として真空管が世に登場し既に100年が経過し、その後トランジスタやそれを集積したICが登場しました。かつて名機を作り出したエンジニアはそれら電子デバイスを用いて新しい楽器やエフェクターを作り出し、同時に新しい音楽や新しいサウンドが生まれてきました。

DYNAXのプロダクトは、音楽の歴史を大切に考え、これからも世の中に「良い音と良い音楽」が生まれることを願い研究・開発しています。

ダイナックス
名 称  DYNAX (ダイナックス)
運営会社  株式会社 時代社 / JIDAI Co,.Ltd.
代表者  原 輝幸 / Teruyuki Hara
住 所 〒202-0014 東京都西東京市富士町4-1-13
連絡先 代表 042-410-3200
営業時間 平日10:00 – 17:00
土日・祝日定休
お問い合わせ DYNAX製品についての お取引・ご質問等はお電話 又は Emailにてお気軽にお問い合わせください。担当:原・加藤
DYNAX HOME   Instagram   Twitter

このページのTOPへ