One Control OC-EM112C 1×12 – キャビネットIR

何百時間にも及ぶ収録と検証に没頭した
「鳴らす人を感動させたい」ただそれだけの為に

 

アナログサウンドに拘ったOneControl

有名エフェクターデザイナーとして知られるBJFのBjorn Juhl氏と国産ブランドOneControlがコラボレーションを行ったギターアンプBJF-S66専用にデザインされたキャビネットのサウンドを キャビネットIR として再現しました。

キャビネットIR としてのOne Control OC-EM112C

OneControlは2010年に設立されたブランドです。低価格でありながら品質の高いスイッチャーやパワーサプライ生産を行なっており日本のマーケットで支持されるようになりました。2011年からは世界的に有名で愛用者の多いエフェクターブランドである「BJF」のBjorn Juhl氏がプロダクトデザイナーに加わりました。

Bjorn Juhl氏とOneControlがコラボレーションしたことにより、極めて入手困難なBJFペダルのBJFのカラーをそのままにしたBJFシリーズやBJFEシリーズペダルが発売されるようになり、今まで手にペダルが容易に手に入るようになりました。

社名の通り、OneControlはスイッチャーから始まりました。低価格でありながら多くのギタリストが求めるであろうスペックを搭載し、国内においてプロ・アマチュアを問わずユーザーが多い逸品です。MIDI機能をコンパクトな筐体に搭載したMIDIコントローラーである、BasiliskやGeckoは現在市場において生産するメーカーも少なくユーザー目線の製品展開を行なっています。

ギターアンプとして展開するのは、やはりBjorn Juhl氏がサーキットデザインを行なっているBJF-S66があります。アンプヘッドの形状ではありますが非常にコンパクトなデザインとなっており、Bjorn Juhl氏が設計するアナログプリアンプ部は1966年のビンテージアンプのサウンドを再現しています。さらにリードサウンドに最適なオーバードライブ回路を搭載する2Ch構成となっています。D級アンプにより最大66W出力を誇るパワーアンプでアウトプットされます。デジタルスプリングリバーブを搭載し、自宅やライブで気軽に使うことができる本格的なギターアンプヘッドです。

今回そのBJF-S66に合わせて設計されたOne Control OC-EM112Cのサンプリングに成功しました。搭載されるスピーカーユニットはCelestionと肩を並べるEminence製の12インチAllessadro Speakerを1発搭載しています。オープンバック構造となっており、開放感のあるサウンドが魅力でBJF-S66のサウンドを確実にアウトプットする他、その他のアンプとのコンビネーションもよくオールジャンルで使用できるキャビネットとなっています。

>> DYANXの記事で紹介している ギターキャビネット一覧はこちら

>> DYANX IR TOPページへ

>> DYANX IR 販売一覧はこちら

このページのTOPへ