HESU® Modern 212 – キャビネットIR

DYNAX キャビネットIR は、1000時間以上にも及ぶ収録と検証テストに没頭
「鳴らす人を感動させたい」
ただそれだけの為に

 

ヨーロッパ生まれの高品質ブランド

ポーランド発、様々なアンプヘッドの潜在能力を発揮するHESU Modern 212サウンドを キャビネットIR として

キャビネットIR としてのModern 212

HESUはTobiasz Hes氏によって2010年、ポーランドで設立されたアンプブランドです。メーカーとしての歴史は浅いものの、Hesuは現在ギタリストがどんな音やデザインを求めているのかを徹底的に市場をリサーチすることで自社の製品を作り出しています。

ギター本体やアンプはアメリカ、またはイギリスのブランドが市場を席巻していますが、90年代からはヨーロッパのブランドが作るギターアンプが登場し市場を賑わしています。音楽のジャンルや嗜好として重厚なディストーションサウンドと、歪みの成分の少ないクリスタルクリーンの組み合わせが求められています。これら両方をバランス良く出力するためには再生するレンジが広く、また強固なエンクロージャーの設計が求めらることになります。

HESUのキャビネットは一般的に用いられる木材よりも更に厚みのある18mm Baltic birch plywoodを採用。エンクロージャーサイズもどんなアンプヘッドであっても対応できるよう奥行きのあるサイズに設計し、搭載するスピーカーユニットは、HESU独自のDemonと名付けられた専用ユニットを搭載することで同社が考える理想的なサウンドを実現しています。

優れたレスポンスを誇るローエンドと、煌びやかなハイエンドの両方をバランス良く仕上げられたキャビネットはアンプヘッドを限定することなく、また様々な音楽スタイルに対応します。

現在ヨーロッパシーンにおいてHESUの名が徐々に知れ渡り、欧州を拠点としたメタル・ラウド系のミュージシャンを中心にユーザーが増えてきています。またHESU独自のMTO(Make To Order)サービスを実施しており、キャビネットのトーレックス材のカスタムや、サランネットにユーザーの求めるデザインをグラフィックすることができます。ステージをより華やかなものへとしています。

>> DYANXの記事で紹介している ギターキャビネット一覧はこちら

>> DYANX IR TOPページへ

>> DYANX IR 販売一覧はこちら

このページのTOPへ