Laney® GS-412P Slant 4×12 – キャビネットIR

DYNAX キャビネットIR は、1000時間以上にも及ぶ収録と検証テストに没頭
「鳴らす人を感動させたい」
ただそれだけの為に

 

UKハードロックシーンを支えたLaney

イギリスで創業し黎明期のUKハードロックシーンを支えたLaneyアンプ。多くのギターリストから支持され愛用者が多いLaneyアンプの専用キャビネットのドライブ感溢れるサウンドを忠実に キャビネットIR として

キャビネットIR としてのGS412P 4×12

Laneyは1967年にイギリスでLyndon Laney(リンドン・レイニー)によって設立されたアンプブランドです。元々ミュージシャンでありベースプレイヤーであったリンドン・レイニーが所属していたバンドには後にレッド・ツェッペリンのメンバーとなるロバート・プラントやジョン・ボーナムが居ました。当時のアンプは高額でなかなかアンプを買うことができなかったレイニーは自身でアンプを製作します。そして他の仲間のアンプを小遣い稼ぎのために作るようになり、それがアンプブランドとしてのLaney設立のきっかけとなりました。

特にLaneyアンプ設立後からLaneyアンプを愛用していたギターリストとしてトニー・アイオミがいます。Laneyの初期のアンプ、LA100BLを使用し、ブラックサバスのレコーディングを行ったことは有名で、その後時間を経た後Laneyからはトニー・アイオミのシグネイチャーモデルがリリースされることとなります。

80年代になるとギターリストはより高いゲインのあるサウンドを求めるようになりました。しかし当時のアンプはアンプ単体でそこまで歪む物は少なく、アンプの前にオーバードライブペダルやブースターペダルをインサートしてゲインを得ていました。その中でLaneyはAORという独自の回路を搭載したアンプを設計し、数多くのギターリストから支持されるようになります。

日本で最もLaneyアンプが有名になったのはMr,BIG在籍時のPaul Girbertによると思います、ポールはMr,BIGのステージでLaney GH-100アンプが見られます。オールチューブによるナチュラルなドライブサウンドがポールのギターサウンドの要となりました。

その後リンドン・レイニーは会社に自身の息子であるジェームス・レイニーを迎え入れ新たなCEOに就任します。それからLaneyはエフェクターペダルをリリースし、更にはエレキギターに留まらない様々な楽器のインストゥルメンツアンプやストリートステージのPAシステムも手がけるようになり、アンプ総合メーカーとして名を馳せています。

キャビネットIR

>> DYANXの記事で紹介している ギターキャビネット一覧はこちら

>> DYANX IR TOPページへ

>> DYANX IR 販売一覧はこちら

このページのTOPへ