MATCHLESS® DC-30 GRAY Combo – キャビネットIR

DYNAX キャビネットIR は、1000時間以上にも及ぶ収録と検証テストに没頭
「鳴らす人を感動させたい」
ただそれだけの為に

 

ブディックアンプの先駆けMatchlessアンプ

拘りぬいた手作業による小ロッド生産、いわゆるブディックアンプの先駆けとして登場したMatchlessアンプサウンドを忠実に キャビネットIR として

キャビネットIR としてのDC-30 2×12

Matchlessはそれまであったギターアンプメーカーの中でも、いわゆるブディックアンプの先駆けとして1989年にマーク・サンプソン氏とリック・ペロッタ氏によって立ち上げられたブランドです。厳選したパーツと設計、そしてなによりも美しく芸術的なハンドワイヤリングに拘って製作されています。生産数も極めて少なく、一部のサウンドに強い拘りを持つトップギターリストのみが使用する非常に珍しいアンプでもあり、ステージで見るMatchlessのロゴとコントロールパネルがヒーター電源を用いたランプでぼんやり光り輝く姿はステージにおいて一際異彩を放つ存在でもありました。

VOX AC-30アンプを基本にプロトタイプを経て、独自の改良を重ね登場したDC-30はMatchlessのフラッグシップモデルとなりました。そしてEL-84 Class A動作がもたらすトーンは、そのサウンドクオリティーだけではなく、プレイヤーはギターを弾く前に音が出ているとも形容するピッキングに対しての圧倒的レスポンスの良さがあり、玄人ギターリストを魅了し続けています。

DC-30以外のMatchlessのモデルとしてはコンボアンプであるDC-30をアンプヘッド化したHC-30、そして激レアでお目にかかることもないラックマウントタイプのRM/C-30が存在します。その後EL-34を初めて採用したClubman 35が登場します。さらにDC系とは異なるプリアンプ回路とパワー部にはEL34を採用しファットでメロウなサウンドを実現したChieftain。EL34を4本搭載することでさらにパワーアップしたモデルSuper Chief 120があります。最後期にはGPRというラックマウントのプリアンプも生産されました。

コンボアンプの生産が圧倒的に多いMatchlessではありますが、アンプヘッドモデルも生産しており、またコンボアンプのエクステンションとして専用のキャビネットも生産されました。キャビネットモデルも、コンボアンプと同じ木材を使用しており、12インチや10インチを用いた2/4発キャビネットが存在します。

今回MatchlessのフラッグシップモデルであるDC-30の中でも希少性の高い初期型のサンプリングに成功しました。初期型のDC-30にはギターアンプのスピーカーユニットとして定評の高いCeletion製ユニットが搭載されています。その後MatchlessによってCeletionにカスタムオーダーしたスピーカーユニットに変更となった変遷がありますが希少な初期型ならではのサウンドをお楽しみいただけます。

>> DYANXの記事で紹介している ギターキャビネット一覧はこちら

>> DYANX IR TOPページへ

>> DYANX IR 販売一覧はこちら

このページのTOPへ