BOGNER® 412 slant 4×12 – キャビネットIR

DYNAX キャビネットIR は、1000時間以上にも及ぶ収録と検証テストに没頭
「鳴らす人を感動させたい」
ただそれだけの為に

 

モダンギターアンプの頂点に君臨するBogner

キャビネットIR としても数多くのシミュレーターにも導入されているモダンハイゲインアンプの頂点に君臨しEcstasyを筆頭にギターリストを魅了するアンプを製造するBogner。強固なエンクロージャーがギターアンプのサウンドを確実にアウトプット、ギターキャビネットのリファレンス的な存在です。アンプの潜在能力をフルに引き出すことができる極上キャビネットのサウンドを再現します。

キャビネットIR としてのBogner 4×12

改造Marshallを手にドイツからアメリカ、ロス・アンジェルスに降り立ったギターアンプ界の奇才ラインホルト・ボグナー。その後様々なLAのミュージックシーンで活躍するギターリストのアンプの改造を手がけた後に自身のブランド、Bognerが生まれることとなりました。

BognerといえばEcstasyというフラッグシップモデルの存在です。完全独立した3チャンネル構成のプリアンプにBognerのシグネイチャートーンと言える、太く粘りのあるジューシーなディストーションサウンドは数多くの著名なギターリストを魅了してきました。初代Ecstasyは100A/Bから始まり、現在は101A/Bですがいくつかのマイナーチェンジはありますが基本的な設計はそのままに初代Ecstasyの発売から既に20年以上の歳月を経過してもギターアンプ界の頂点に君臨し続けています。他のメーカーを見ても、同じモデルのアンプを20年以上リリースされていることは稀であり、いかにEcstasyというアンプが当初から完成されており移りゆく音楽シーンに対応できるキャパシティーを持っていたかがわかります。

その後ブラウンサウンドと極上のクリーントーンを兼ね備えたShivaをリリース。Ecstasyとは少し違った上品なトーンキャラクターにより、ロックミュージシャン以外にもスタジオセッションプレイヤーにも人気のモデルとなりました。更にラインホルト・ボグナーが考えるモダンヘビーアンプとして、Uberschallをリリース。ハイゲインアンプはゲインは高くても音の輪郭やレスポンスを失いがちですが、「Uberschall = 超音速」の名に恥じることなくレスポンスの良いディストーションサウンドでギターリストを魅了しました。2019年に登場したEcstasy 3534は小型サイズでありながら、フラッグシップモデルEcstasy同様の独立3Chに、EL34を2本搭載し45Wと近年の音楽シーンにベストマッチするスペックで人気のモデルとなっています。

いずれのアンプも長年ベストセラーとなる製品が多いBognerではありますが、キャビネットもまた秀逸です。特に日本において人気となったのは12インチスピーカーユニットを1発搭載した112CP、通称豆キャビです。12インチ1発でありながら肉厚で奥行きのあるエンクロージャーからは信じられないほどの音圧豊なサウンドが得られます。また12インチユニットを2発搭載する212CBキャビネットは、元々412スラントキャビネットの下に配置するように設計された、いわゆるエクステンションキャビではありますが単体でのサウンドバランスも非常に優れておりメインスピーカーとして使用されています。

そしてBognerのキャビネットといえば、同社Ecstasyのポテンシャルを余すことなく再現する12インチユニットを4発搭載すた412キャビネットです。ワールドクラスのツアーを行うミュージシャンを筆頭に国内外での愛用者が多く、アンプヘッドは他社の物を使用してもキャビネットはBognerを使用するギターリストが大勢おります。大音量を出しても破綻することない強固なエンクロージャーは多くのギターリストが求める理想的なサウンドが得られます。スラントとストレートの2種類をラインナップしており、スラントはやや広がりのある広がりのあるサウンドを、ストレートは位相がよく点にフォーカスしたサウンドが特徴です。

もし、ギターキャビネットにスタジオモニターのような正確なリファレンスを求めるのであれば、Bognerキャビネット以外の他は考えられません。

キャビネットIR

>> DYANXの記事で紹介している ギターキャビネット一覧はこちら

>> DYANX IR TOPページへ

>> DYANX IR 販売一覧はこちら

このページのTOPへ