MesaBoogie® Rectifier Horizontal 2×12 – キャビネットIR

何百時間にも及ぶ収録と検証に没頭した
「鳴らす人を感動させたい」ただそれだけの為に

 

ギターアンプに革命を起こしたMesaBoogie

キャビネットIR としても数多くのシミュレーターにも導入されているギターアンプに革命を与えたMesa Boogie Rectifierアンプの専用キャビネット。肉厚なエンクロージャーがアンプの強力なエネルギーを確実に受け止め圧倒的なボトムとパンチのあるサウンドが魅力

キャビネットIR としてのRectifier Horizontal 2×12

MesaBoogieは1969年アメリカ・カリフォルニア州で設立されたアンプブランドです。創立者であり全ての製品の設計に携わるランドール・スミスは現地の小さいリペアショップでFenderアンプのリペアやモディファイを行なってきました。それが後のMesaBoogieというブランドの基礎を築き上げました。元来アンプのリペアを行なっていたことから、自社製品は壊れにくく頑丈なアンプを作るという姿勢は現在も引き継がれています。完成したアンプをハンマーで何度も叩き衝撃テストを行うという独自のハンマーテストはあまりに有名で、当社の製品はワールドツアーを行うトップミュージシャンからも絶大な信頼を得ています。

世界にメーカーとしてその名前を広げることとなったのは、今までのシングルチャンネルというアンプの根本的な発想を変え、複数の音色を出すことを実現したマルチチャンネルアンプとして有名なMarkシリーズにあります。MarkシリーズはMark1からMark5とモデルチェンジを重ね、数多くのギターリストに愛用されてきました。Markシリーズのファットでスウィートなサウンドは名盤とよばれる歴史的な作品でその音色を聴くことができます。

その後、音楽シーンの移り変わりに対応するハイゲインサウンドを搭載した同社Rectifierアンプはモダンハイゲインアンプの元祖として、その他のアンプブランドにも影響を与えるなどのMesaBoogieの歴史においても最高傑作のアンプヘッドとなりました。それまで100ワットクラスの高出力のアンプではシリコンダイオードによる整流回路を用いていましたが、Rectifierではビンテージのアンプで使用されている整流管(Rectifier Tube)を採用したことで、ハイゲインサウンドでありながら、ふくよかで温かみを感じさせるサウンドを両立することに成功しました。Rectifierアンプは現在においても愛用者が多くステージでその姿を見ることができます。

MesaBoogieは自社のアンプヘッドのサウンドを余すことなく表現するための専用キャビネットを作り続けてきました。これらのキャビネットもまた傑作が多くあります。アンプヘッドは他社の物であっても、MesaBoogieのキャビネットはレコーディングやステージで愛用されています。これらは同社のキャビネットがいかに優れており信頼がおけることの証です。レコーディングにおいてもアンプを選ばない非常に優秀な特性を持っており、レコーディングスタジオにMesaBoogieのキャビネットが常設されているとこも多くあります。

Rectifier Horizontal 2×12は同社Rectifierアンプヘッドにマッチするようにデザインされています。現在においてはヘビーサウンドの代表として認知されているこのヘッドのパワーを受け止めることができる2発キャビネットです。2×12 Rectifier Horizontal Cabinetに搭載されるスピーカーユニットにはギターアンプのスピーカーユニットとして最も有名で定評のある英国Celetion社製Vintage30をバッフル板の裏側からマウントするリアロードという手法で取り付けられています。

MesaBoogieのユニークなところとして、イギリスのMarshallがキャビネットのトータルオーム数に16オームを採用するのに対し、MesaBoogieは伝統的に8オームを採用しています。こちらに関しては諸説あるところですがDYNAXの見解として、同じVintage30スピーカーユニットであっても8オームと16オームでサウンドの傾向が変わることを加味した収録方法と、IR作成を行なっております。

MesaBoogie伝統の高品質なバーチ材を熟練の職人による手作業による丁寧なウッドクラフトに、ヘビーデューティなハードウェアの組み合わせはワールドツアーのステージに耐える堅牢な作りとなっています。

>> DYANXの記事で紹介している ギターキャビネット一覧はこちら

>> DYANX IR TOPページへ

>> DYANX IR 販売一覧はこちら

このページのTOPへ