Mooer GC112 Cube – キャビネットIR

DYNAX キャビネットIR は、1000時間以上にも及ぶ収録と検証テストに没頭
「鳴らす人を感動させたい」
ただそれだけの為に

 

エントリー価格で高品質のプロダクト

低価格帯でありながら、品質を守るブランドMooerからリリースされるアンプシリーズに対応する専用キャビネットです。ホームユースからストリートリグまで対応する本格的なキャビネットのサウンドを キャビネットIR として再現します。

キャビネットIR としてのMooer GC112 1×12

Mooerは2010年に設立され、最初のプロダクトとなるMicro Seriesの非常に小型サイズのコンパクトエフェクターを市場に送り出しました。その後デジタル技術も取り入れることにより、マルチエフェクターやデジタルプリアンプをリリースを行います。オーディオインターフェイスやIRキャビネットシミュレーターなど、幅広いプロダクトを提供しエントリークラスの価格帯を保ちながら、デジタル・アナログ問わずクオリティーの高い商品を開発しています。現在においてはMooerのマーケットは世界に広がっています。

ギターアンプとしては真空管を搭載するLITTLE MONSTERシリーズや、D級アンプを搭載するSILVER EYE、モデリングアンプであるSDコンボアンプや、LITTELETANKなど多彩なラインナップを誇ります。

また、Mooerのデジタル技術を投入した小型サイズのプリアンプは歴史的な名機をモデリングしたラインナップを多数用意しており、同じくマイクロシリーズのパワーアンプBABY BOMBや、本格的なEL84チューブを搭載するパワーアンプTUBE ENGINEと組み合わせることでギターアンプとして構成することができます。

同社のギターアンプ専用キャビネットとして、GC112があります。15mmバーチ材にギターアンプのスピーカーユニットとしては最も定評のあるCelestion Vintage 30を搭載し、パワーアンプシリーズや、その他のギターアンプのキャビネットとして使用することができます。

>> DYANXの記事で紹介している ギターキャビネット一覧はこちら

>> DYANX IR TOPページへ

>> DYANX IR 販売一覧はこちら

このページのTOPへ