VOX® AD120VT Combo 2×12 – キャビネットIR

DYNAX キャビネットIR は、1000時間以上にも及ぶ収録と検証テストに没頭
「鳴らす人を感動させたい」
ただそれだけの為に

 

ブリテッシュコンボアンプの代表格VOX

ブリティッシュアンプブランドとして数多くのUKミュージシャンから支持されてきたVOXアンプのサウンドを キャビネットIR として

キャビネットIR としてのVOX-AD120VT 2×12

VOXはイギリスでジェニングス・オルガン・カンパニーとして創業したのが始まりとなります。その後1956年にディックデニーが作っていたギターアンプのプロトタイプをきっかけにJennings Musical Industries(通称JMI)に社名を変更し初のギターアンプとなるVOX AC-15を1958年にリリースしました。

その後1959年、アメリカでは6L6チューブを使用した高出力アンプが出ており、それに対抗するためEL84チューブを増設し出力は倍へ、またスピーカーユニットに12インチを2発搭載したAC-30モデルをリリースします。AC-30はVOXアンプのフラッグシップモデルとして仕様変更を重ねながらも現在もリリースを行っています。AC-30はブリティッシュミュージシャンからの多大な支持を受け、数々の名曲のPV/MVなどでステージバックに必ずVOXアンプが並んでいる姿を今でも見ることができます。

真空管アンプの発熱はVOXに限らずどのメーカーでも頭を悩ませる問題ではあります。VOXが採用しているEL-84はMTサイズの小型で高出力が得られるチューブですが、その分熱を逃すのも苦手なチューブです。またその頃トランジスタが発明されたこともあり、VOXはトランジスタを採用したアンプをアメリカでVOX製品の輸入を行う「トーマス・オルガン・カンパニー」と結託し、アメリカで製造を始めることとなりました。しかしながらビジネスとしては成功せず、VOXのイメージを下げることとなってしまいました。

しかし、AC−30のトランジスタアンプであるスーパービートルの開発時に生まれたのがエフェクターの元祖とも言えるワウワウペダルでした。中音域のレゾナンスをコントロールすることで独特のサウンド効果を得ることができ、その基本的な回路は現在のその他のワウペダルの基本でもあり、特にエレキギターにかけるワウ効果は様々なプレイスタイルやジャンルを越え愛用者が多いエフェクターです。

その他、ギターの製造。また当時電子オルガンというと高価で重いHammondオルガンに対抗すべくVOX Continentalオルガンも開発販売を行いました。それぞれイギリス製や、イタリア製、アメリカ製があり、VOX製品のマニアックな一面を知ることができます。

その後VOXのブランド商標は日本のKORGによって買収され、現在はKORGのブランドの一つとしてチューブアンプのみならず、デジタルモデリングアンプやデジタルエフェクター、その他の鍵盤楽器なども製造を行っています。AD-120TVはVOXの代表的なアンプであるAC-30に、デジタルモデリング技術を投入し登場しました。音楽の歴史の背景に欠かせない存在であるVOXブランドの新たな始まりを感じることができます。

>> DYANXの記事で紹介している ギターキャビネット一覧はこちら

>> DYANX IR TOPページへ

>> DYANX IR 販売一覧はこちら

このページのTOPへ