Mars 412 1960AHW キャビネットIR - DYNAX IR

Mars 412 1960AHW キャビネットIR - DYNAX IR

Mars 412 1960AHW キャビネットIR は、3段積みスタックアンプの元祖でありギターアンプ王道のキャビネット。Aキャビは3段スタックの上部に配置され主に高音域をフォーカスします。バッフル板にユニットが放射状に取り付けられ広がりのある明るいサウンドが魅力です。

本サイト記載のDYNAX IR Mars 412 1960AHW のベースとなる Marshall は、Marshall Amplification plc 及び 日本楽器製造株式会社 並びに ヤマハ株式会社の登録商標です。

データ形式 : WAVEファイル
Standard IR – 78 IR
AdvancedIR – 24 IR
サンプリング : 24Bit / 48KHz

以下に 本モデルを利用したサウンドサンプルを掲載しておりますので、ご視聴ください。

OVERVIEW

DYNAX IRの特徴

DYNAX IRは「DYNAX独自の手法」を用い リアルなギターキャビネットのサウンドを出力する IR – Impulse Response (インパルスレスポンス) となります。
単一、または複数のIRデータをロード可能な IRエフェクター や ギタープロセッサー、そしてDAWやプラグインなど、全ての環境において最高品質のサウンドを提供します。また、DYNAX IR を組み合わせることで、多くのサウンドバリエーションを作り出すことでき、幅広いジャンルに適応した品質の高いギターサウンドをアウトプットできます。

DYNAX IRの特徴として「レイテンシーの低さ」が特徴です。ピッキングから音が発するまで速度は、他のIRと比べ圧倒的な速さを誇ります。

一般的に配布されているIRなどの場合、ギター本体側のボリュームを絞ると、極端にレンジ感やサスティーンが減退したりアタック感が均一になってしまったりと、サウンド全般が「ペラペラな嘘っぽい」音になる傾向がありますが、DYNAX IRは「DYNAX独自の手法」を用いIRを生成していることで、ピッキングやタッチ、ギターのボリュームコントロールでの表現にも優れ、実際のアンプとキャビネットを鳴らしているかのようなリアルなサウンドを提供します。

DYNAX IRについての詳細はこちら。

収録 IRに関して

DYNAX IR は、プロフェッショナルユースのマイクフォロンを用いて、1マイクにつき4つのポジションの収録をしています。ポジション毎にIR化されていますので、単体での利用はもちろん、他のマイクやポジションをブレンドすることでサウンドバリエーションは無限大に広がります。

Standard IR と Advanced IR の2種類のIRがバンドルされます。

STANDARD IR DATA
STANDARD IR(収録 IR数: 78 IR)
マイクポジション
Cap / CapEdge / Cone / Edge の4ポジション

Standard IR 収録データの例
DYNAX Mars 412 1960AHW SM57 Cap
DYNAX Mars 412 1960AHW SM57 CapEdge
DYNAX Mars 412 1960AHW SM57 Cone
DYNAX Mars 412 1960AHW SM57 Edge
DYNAX Mars 412 1960AHW MD421 Cap
DYNAX Mars 412 1960AHW MD421 CapEdge
(Total 78IR をバンドル)

※ 各マイク x 4ポジション IRデータを収録
※ 一部のキャビネットについては74IR
※AIR は、キャビネット裏や上部、前面配置での距離が異なるマイキングなど、キャビネットとマイク特性により収録数が異なります。

Cap : エッジ感+輪郭と固さがあるサウンド。
CapEdge : 高中域 寄りでエッジもマイルド。
Cone: 中域と中低域に厚みがあるサウンド。
Edge: 中低域から低域が中心のサウンド。

※Edgeは「箱鳴り」を演出したい時に有効です。メインの音のパラメーターを100とすると 8%~15%位を基準に調整してください。

ADVANCED IR DATA
Advanced IR (収録 IR数: 24 IR)
Clean / Crunch / Drive に適したマイクとポジションを組み合わせたIRデータとなり、計24種類をバンドル。

Advanced IR 収録データの例
DYNAX AD Clean 1960AHW R121+C414XLS
DYNAX AD Clean 1960AHW SM57 + e906
DYNAX AD Crunch 1960AHW MD421+U87
DYNAX AD Crunch 1960AHW RE20+AG414
DYNAX AD Drive 1960AHW MD421+M81
DYNAX AD Drive 1960AHW VT2000+SM57
(Total 24IR をバンドル)

Advanced 単体でも利用できますが、上記のように Advanced + 他のマイク の組み合わせも非常に有効です。お使いのプリ(シミュレーターやアンプヘッドなど)と合わせてサウンドメイキングをご堪能ください。

マイクポジション

Cap :センターキャップの中心
CapEdge :センターキャップのエッジ
Cone :コーンの中心
Edge :コーンのエッジ
AIR :ルーム成分を加味したオフマイク

ギター IR

収録マイクモデル

DYNAX IR を製作する上で使用しているマイクは以下となります。各マイクは、メーカー及び代理店の商標登録となります。
DYNAX IR に使用しているマイク一覧について

SM57:SHURE SM57
SM57mod:SHURE SM57 DYNAX mod
U87:NEUMANN U87Ai
KM184:NEUMANN KM184
MD421:Sennheiser MD421
e906:Sennheiser e906
AG314:AKG C314
AG414:AKG C414B-XLS
AG451:AKG 451EB
VT2000:SEIDE VT-2000
LW540s:LEWITT LCT540S
LW440:LEWITT 440DM
AT4050:Audio Technica AT4050
U195:SOUNDELUX U195
R121:ROYER R-121
RE20:Electro Voice RE20
M81:Telefunken M81
D4:AUDIX D4

IRデータ
著作権に関しまして

DYNAX IRデーターの著作権は全てDYNAXを運営する株式会社時代社が有します。購入されたデーターは購入者の私的利用にのみ使用を認めるものとし、以下の行為を行うことは著作権法違反及び使用許諾違反となります。
ご注意の上このような行為を決して行わないようにしてください。

・データを複製し店頭・オンラインショップ・オークションやSNS等での販売や販売促進としてのデータ配布、及び、そのような商品を購入すること。

・ファイル共有ソフト等でデータを公開すること。また、それらのデータをダウンロードすること。

・友人や知人へをコピーして渡すこと。

・商品の性質上、ご購入後の返品・返金の対応は出来かねますので、ご了承お願い致します。

DYNAX IR サウンド サンプル

本ページで公開している キャビモデルを利用した サウンド・サンプルとなります。

このページのTOPへ